その他

ufotable近藤光の脱税でアニメ作品やマチアソビはどうなる?グッズ販売とカフェも調査!

更新日:

こんにちは!あくびです。

アニメ制作会社ufotable(ユーフォーテーブル)脱税疑惑が持ち上がり、東京国税局による“ガサ入れ調査”が行われたことがわかりました。

ufotableの脱税疑惑について、代表取締役の近藤光は容疑を認めているようです。

ufotableの脱税による会社やアニメ作品、マチアソビやグッズ販売などへの影響が気になります。

いったいどうなるのでしょうか。

そこで、今回は

  • ufotableの脱税疑惑
  • ufotableのアニメ作品への影響
  • ufotableのマチ★アソビ
  • ufotableのグッズ販売
  • ufotableのカフェやダイニング

について調べてみました。

ufotableの脱税疑惑とは?理由や脱税額は?

今回、脱税疑惑で東京国税局にガサ入れ調査されたufotableにはどんな問題点があったのでしょうか?

経理がちゃんとされていなかった

ufotableの経理は近藤光社長の奥さんが担当していたそうです。

ufotableカフェのアルバイトの給料は現金手渡しとなっていて、給与明細がなく、振込の記録も残らないので、給与の処理がちゃんとされているのか不安だという声もあったようです。

給与明細や振込の記録を残していないということは、売上に計上していないのでは?と疑われても仕方ないですよね。

また、徳島でのイベント「マチ★アソビ」の売上金を封筒に入れたまま、徳島のカフェの金庫にずっと保管していたようで、売上に計上されていないお金があったようです。

経理を担当する奥さんは、税理士や会計士の資格を持っておらず、売上に計上されていないお金の存在が疑われたことが国税局が調査に入った理由の一つではないでしょうか。

ufotable近藤光社長はワンマン経営だった?

ufotableの近藤光社長はどんな経営をしていたのでしょうか?

ufotableカフェで近藤光社長は、情報漏洩の防止を理由にレジにロックをかけて、売上金の金額を隠していたといいます。

また、ufotableダイニングでは、6万円のドンペリを入れれば50回グッズが当たるクジが引けるというものがあり、違法な行為では?と疑問に思っていたスタッフもいたようです。

ufotableでは近藤光社長に意見できる人が誰もおらず、社長のワンマン経営だったという情報もありました。

ufotableの脱税額はいくら?

元国税調査官の松嶋洋税理士は脱税の金額について次のように解説しています。

仮に売り上げが30億円で、半分の15億円の所得を隠していた場合、追徴課税は加算税や延滞税、そして消費税なども含めると同額超になる可能性もあるでしょう。

ufotableの脱税額については、20億円くらいだろうという情報を見つけましたが、すごい金額ですね!

数億円から数十億円というすごい金額になるのでしょうか。

そんな高額の納税金額を見たら、私は秒で気絶してしまいます...。

ufotableの代表作などアニメ作品への影響は?ネットの声も調査!

アニメFateシリーズをはじめ、「空の境界」や「刀剣乱舞」などの代表作で知られるufotable。

4月からはTVアニメ「鬼滅の刃」の放送が予定されていて、29日からは総集編の劇場版「鬼滅の刃 兄妹の絆」の上映も控えています。

今回のガサ入れ調査は、アニメ制作費についてではなく、カフェでの所得隠しに対する調査と思われますが、アニメ作品への影響も心配されるところです。

スポンサー側の反応も気になりますね。

ネット上では、「鬼滅大丈夫なの!?」とか「Fate劇場版3章どうなるねん!!」など、ufotable作品の今後を心配する声が多数上がっています。

これから見られなくなる可能性がある作品は、配信サービスを上手に利用して見ておくのもアリですよ!という情報もありました。

ufotableのマチ★アソビはどうなる?開催されるの?

ufotableの近藤光社長は「マチ★アソビ」という、アニメ・ゲームなどのエンターテインメントが集うイベントを徳島県徳島市で毎年開催しています。

現在は年2回開催されていて、多くの来場者が訪れる人気のイベントになっています。

今回、ufotable近藤光社長が脱税疑惑を認めたことでマチ★アソビの開催はどうなるのでしょうか?

Twitterの情報では、マチ★アソビの開催を心配する声が多く、助成金が打ち切られて開催が厳しくなるのでは?という意見や、脱税分をきっちり支払えば大丈夫!という意見もありました。

マチ★アソビは、人気のイベントなので心待ちにしている人がたくさんいます。

何の罪もない人たちの大きな楽しみまで奪うような結果にならないことを願います!

ufotableのグッズ販売の実態とは?

ufotableはアニメ関連グッズの制作・販売なども手がけています。

グッズの在庫数や販売数の管理はずさんで、いくつかの店舗では売り上げた現金を会社の銀行口座に入金するのではなく、社長自らが現金の束を回収するという悪質な所得隠しとも考えられる会計処理をしていたと報じられています。

ufotableの物販については、以前から批判の声が多かったようですが、今までのufotableグッズ販売を改善して、今後は不信感をなくしてほしいという意見もありました。

グッズ販売が継続される場合は、スポンサーからも何らかの対応をもとめられるのではないでしょうか。

ufotableのカフェやダイニングの営業は?

ufotableはカフェやダイニングの経営もしています。

今回の脱税疑惑で国税局の調査の的になったのが、カフェでの売上金です。

そのことから、カフェの営業については、規制される可能性があるかもしれません。

今後の動向が気になります。

-その他

Copyright© ズボラ主婦あくびの自由帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.