未分類

水口侑子選手のプロフィールと出身校を紹介!マラソン経歴と結婚後の活動も調査!

投稿日:

公務員ランナーとして有名な川内優輝選手が、同じくマラソンランナーの水口侑子選手と結婚する事がわかりました。

マラソン選手同士の結婚というで、「ランナー婚」や「マラソン婚」と話題になっているようですね!

4月にプロ転向し、今月いっぱいで公務員を卒業する川内優輝選手が結婚相手に選んだ水口侑子選手とはどんな人なのでしょうか?

そこで、今回は

  • 水口侑子選手のプロフィール
  • 水口侑子選手の出身校
  • 水口侑子選手のマラソン経歴
  • 水口侑子選手の結婚後の活動

について、調べてみました。

ぜひ、最後まで読んでみて下さいね。

水口侑子選手のプロフィール

水口侑子選手って、どんな人なのでしょうか?

まずは、水口侑子選手のプロフィールについて紹介したいと思います!

水口侑子(みずぐち ともこ)選手は、1985年5月24日生まれで現在33歳。

岐阜県出身で、ぐっちゃんという愛称で呼ばれているDENSO(デンソー)所属のマラソン選手です。

体格は身長162cm、体重65kg。

私とは違って、贅肉ではなく、立派な筋肉がついているのでしょうね!

水口侑子選手の出身高校は?

水口侑子選手の出身高校はどこなのでしょうか?

岐阜県出身の水口侑子選手の出身高校は、地元の「斐太高校」です!

偏差値は60と優秀で、岐阜県では2番目に歴史のある名門公立高校で「ひだこうこう」と読みます。

地名の読み方は難しいですね!

水口侑子選手の出身大学は?

水口侑子選手が進学した大学はどこなのでしょうか?

水口侑子選手は高校卒業後、「新潟大学」理学部に入学しました。

しかし、新潟大学では学業とマラソンの両立が難しかったため、「三重大学」教育学部へ進学し直しています。

水口侑子選手にとっては、学業とマラソンのどちらも大事だったのでしょうね!

水口侑子選手のマラソン経歴を調査!

水口侑子選手のマラソン経歴とはどんな道のりだったのでしょうか?

水口侑子選手は、三重大学で、高地トレーニングの研究者である杉田正明監督の指導を受けて、学生トップレベルの選手へと成長していきました。

三重大学卒業後、 2013年から2015年にDENSO(デンソー)のマラソン選手として全日本実業団女子駅伝に出場し、チームの3連覇に大きく貢献しました。

2017年の函館ハーフマラソンでは、優勝しています。

水口侑子選手の現役最後の試合となったのは、2019年の名古屋ウィメンズマラソンです。

記録は、2時間33分57秒で28位でした。

2019年3月末で現役を引退すると発表されています。

水口侑子選手の輝かしいマラソン経歴に心から拍手を送りたいですね!

水口侑子選手の今後の活動とは?

水口侑子選手の今後の活動についても気になりますね!

水口侑子選手は2019年3月で現役を引退し、5月に挙式をされるようなので、結婚後しばらくは夫の川内優輝選手を支えながら、子育てもされるのでしょうね。

もしかしたら、ゲストランナーや指導者としての活躍も期待できるかもしれませんね!

まとめ

今回は、男子マラソンの市民ランナーとして世間に話題を提供していた川内優輝選手の結婚相手で同じくマラソン選手の水口侑子選手について調べてみました!

まず、水口侑子選手のプロフィールとしては、岐阜県出身の33歳でぐっちゃんという愛称でよばれるDENSO所属のマラソン選手ということがわかりました。

また、水口侑子選手の出身校については、斐太高校(ひだこうこう)から新潟大学に進学した後、学業とマラソンの両立が困難ということで、三重大学に進学し直していました。

マラソンへの熱意が感じられますね!

そして、水口侑子選手のマラソン経歴について、引退までの経緯をまとめてみました。

水口侑子選手は、三重大学で、高地トレーニングの研究者である杉田正明監督に出会い、成長していきました。

2013年から2015年にかけては、DENSO(デンソー)のマラソン選手として全日本実業団女子駅伝に出場し、チームの3連覇に大きく貢献しています。

2017年の函館ハーフマラソンで優勝し、2019年3月末の引退を控える中、現役最後の試合となったのは、2019年の名古屋ウィメンズマラソンでした。

最後に、水口侑子選手の結婚後の活動については、夫の川内優輝選手の大きな支えとなり、妻として母としての新たな道を歩んで行かれることでしょう。

幸せな家庭を築いてほしいですね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

-未分類

Copyright© ズボラ主婦あくびの自由帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.